スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ関連セミナーのご案内(12/20、京都)

みなさま、

京都の岡真理です。

パレスチナ関連セミナーのご案内です。

10月18日、イスラエルの「平和のオアシス」の前代表、ドリット・シッピンさんを
お招きし、
「Peace is Possible ~イスラエルにおける民族共生社会の実践と挑戦~」と題し、
パレスチナ人とユダヤ人の完全平等を実践する「平和のオアシス」の理念とその活動
についてお話いただきました。

質疑では、「ユダヤ人国家」というイスラエル社会の前提をどう考えるのかという極
めて重要かつ根源的な問いかけがなされましたが、残念ながら、講演会ではこの点に
ついて深めた議論はできませんでした。

イスラエルが「ユダヤ人国家」である、ということに関しても、それが何を意味する
のかということについて、参加者のあいだで認識が共有されているわけではないと思
います。

そこで、このたび、同講演の内容を踏まえた上で、さらにイスラエル・パレスチナ問
題に対する私たちの理解と認識を深めるために、
「<ユダヤ人国家>における民族共生は可能か?~「平和のオアシス」の限界と可能性~」
と題し、12月20日(月)18:30より、京都大学にて、アフター・セミナーを開催する
ことにいたしました。

参加者のあいだで密な議論をするために、定員30名の教室で開催いたします。参加さ
れる方は、事前にお申し込みください。
関心のある方はどなたでもご参加になれます。10月のドリット・シッピンさんの講演
会に参加していない方でも参加できます。
シッピンさん講演会の資料集(300円+送料180円)を希望される方は、住所をお知ら
せいただければ、
事前にご送付いたします(セミナー当日にご精算ください)。

以下、セミナーの詳細です。
セミナー「<ユダヤ人国家>における<共生>は可能か?~「平和のオアシス」の限界と
可能性~」
日時:2010年12月20日(月) 18:45~21:00
会場:京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟2階 233演習室

 地図http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/

★キャンパス・マップで建物の位置をご確認ください。
★グラウンド正面の入り口は午後7時前後に施錠されます。施錠後の建物への入り方
および、
 入れないときの連絡先等は、申し込みをされた方に個別にお知らせいたします。

プログラム:
問題提起(1)岡真理(京都大学)「ユダヤ国家とは何か?」(20分)
  〃 (2)清末愛砂(島根大学)「『占領』の解釈をめぐって~イスラエル/パレ
スチナの女性運動と難民問題~」(20分)
ディスカッション

参加費:無料です。

★ただし、参加される方は事前に参加申し込みをお願いします。

申し込み先:PJ21kyoto@gmail.com

主催:京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
(tel/fax 075-753-6641)

スポンサーサイト
プロフィール

pwkyoto

Author:pwkyoto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。