スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガザ朗読劇 京都公演のご案内

みなさま、

京都の岡真理です。
ガザ朗読劇 京都公演のご案内です。

みなさまのご協力を得て、昨年12月、東京で2日間
にわたり上演いたしました、「国境なき朗読者たち」
による朗読劇「The Message from Gaza ガザ 希望の
メッセージ」、来る2月2日(日)、京都で上演します。
会場は京都YWCAです。

2011年12月の、京都市国際交流会館チャリティ
公演以来、京都では2年ぶりの再演となります。

「力強い声に、言葉に、からだが何度も震えました…」
「個人の<声>には力があります。事実ではなく、真実
を伝える力が…」
「パレスチナで亡くなった方の魂が舞い降りたようで
した…」
東京公演をご覧になった方々の感想の一部です。

かつてサルトルは、アフリカで子どもが飢餓に瀕して
いるとき、『嘔吐』(サルトルの代表作)は無力である、
文学は何ができるのか、と問いました。ガザで人間が
虫けらのように殺され、封鎖のもとで、その人間性が
踏みにじられているとき、だからこそ、人間を人間
たらしめる他者への共感を可能にする「想像力」を
掻き立てる文学的、芸術的営為に意味があるのだと
いう思いを、上演を重ねながら、深めています。

ほぼオリジナルどおりだった前回(2011年)の
京都公演ですが、今回はスライドも一新、また幕間の
間奏曲も、作曲を手がけて下さったピアニストの
田村喜久子さんご自身による生演奏でお届けします。

いまだ封鎖が続き、人間らしく生きることを可能に
する生の条件をことごとく奪われている中で、
それでも人間としてあり続けようとするガザの人々
への思いを込めて、平和をめざす朗読集団「国境なき
朗読者たち」が朗読します。
京都および関西圏のみなさま、この機会にぜひ、
さらに進化した舞台をご覧いただければ幸いです。

転送・転載歓迎
■■□=======================================
つばめクラブ プロデュース
「国境なき朗読者たち」が贈る朗読劇
「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」
  2014京都公演

[日時]2014年2月2日(日)午後2時(1時30分開場)
[会場]京都YWCA
   http://kyoto.ywca.or.jp/access/
[料金]事前予約 1000円
  (障がいのある方及び介助者・大学生以下 800円)
   当日 1500円(同1200円)
[予約・お問合せ]
 電話:080−5314−1539(つくい)
メール:つばめ劇団 tsubamegekidan@gmail.com

※開場は開演の30分前(1時30分)、受付け開始は
 開場の20分前(1時10分)です。
※開演の10分前までに、受付をお済ませください。開演
 10分前を過ぎても受付けされていない場合は、キャンセル
 扱いになりますので、ご注意ください(遅くなる場合は、
 その旨、事前にご一報ください)。
※定員80名です。満員の場合はご入場できませんので、
 事前に予約お申込みくださいますようお願い申し上げます。

HP: http//:readers-without-borders.org

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年12月27日、パレスチナ・ガザ地区全土に対し、
イスラエル軍による一斉攻撃が始まりました。完全封鎖され、
逃げ場のない 150万の住民たちの頭上に、22日間に
わたりミサイルや砲弾の雨が降り注いだのでした。世界が
新年を祝っていたその時、ガザの人々は一方的な殺戮と破壊
に見舞われていました……。朗読劇「The Message from Gaza
ガザ 希望のメッセージ」は、この出来事に対する応答と
して誕生しました。

平和をめざす朗読集団「国境なき朗読者たち」は、この朗読劇
を上演するため、2009年、京都の市民・学生有志によって
結成され、以来、京都を中心に上演を重ねてきました。「忘却
が次の虐殺を準備する」(韓国の詩人の言葉)のだとすれば、
ガザを記憶し続けるために、そして何よりも、150万の人間
を袋の鼠状態にして一方的に殺戮するという、人間の想像を絶
する出来事を前にして、その攻撃に見舞われたガザと私たちを、
「想像力」という人間の力によって架橋するために。

出来事から5年目のこの冬、肉声を通して語られるガザの声に
触れ、今もなお完全封鎖のもとに置かれているガザへの思い、
そして私たちが生きるこの世界への思いを新たにしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脚本・演出 岡真理
出演 国境なき朗読者たち(杏さだ子、片岡大輔、古澤亨、
   山本久子、佐藤愛、市川森彦、井上緑、関口一騎)
ピアノ 田村喜久子
音楽・映像 山本晴臣
照明 山本咲良
制作補佐 津久井淑子
協力 京都YWCAブクラ
制作 つばめクラブ(安藤栄里子)
===========================

以上
スポンサーサイト

『自由と壁と ヒップホップ』

みなさま、

岡真理です。
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年初投稿は、明るい話題で。
新年だからこそ、ぜひ、ご覧いただきたい、生きる勇気を
いっぱい貰える映画のご案内です。


拡散大歓迎

■■□「自由と壁とヒップホップ」 現在公開中!
================================================

いかに抑圧されようと、人間が「自由を求める自由」は
誰にも奪えない——

忘れもしません、2009年12月、東京の友人から、興奮した声で、
電話がありました。「すっごく良かったから、明日、京都でも
試写会があるから、絶対に見て!」
パレスチナ映画「スリングショット・ヒップホップ」の試写会
を見た彼は、映画館を出るなり公衆電話から(料金滞納で携帯
が使えなかったため)、京都の私に電話をかけたのです。その
晩、東京の別の友人たちからも、同じ趣旨のメールが複数あり
ました。

翌日、5限の授業を終えるや、試写会場の丸太町のメトロに
自転車で駆けつけました。東京の試写の反応が伝わって、会場
は超満員、みなの期待で異様な熱気に満ちていました。そして
映画が始まって……

4年前にメトロでご覧になった方もいらっしゃると思います。
封鎖下のガザで、占領下の西岸で、そしてイスラエルで、
ラップに生きるパレスチナ人の若者たちの、ヒップホップな
物語です。パレスチナのドキュメンタリーなんて、きっと深刻で
暗くて…という思い込みを、根底から覆してくれます。

「音楽は自由をめざす」(中川敬)、
どんなに抑圧されようと、人間の「自由を求める自由」(竹中労)
を奪うことなど誰にもできない……
この映画ほどそれを実感させてくれる作品はありません。
(個人的には、キンシャサのもう一つの奇蹟を描いた音楽ドキュ
メンタリー「ベンダビリリ」と並ぶ傑作です。)

その「スリングショット・ヒップホップ」が、『自由と壁と
ヒップホップ』のタイトルで、待ちに待った日本公開!現在、東京、
青山のイメージ・フォーラムで上映中です(11:15、13:15、15:1
5の1日3回上映)。このあと、随時、全国公開します。

4年前、試写をご覧になった方は、あの感動をもう一度、
まだの方は、ぜひ、この機会に。元気をいっぱい貰える作品、
寒さも何もかも吹き飛ばしてくれます。まさに新年に観るに
ふさわしい1本です。見ないと絶対に損です!

関西での公開はまだちょっと先ですが、まず大阪、第七芸術劇場で
2月1日から。京都はみなみ会館です(日程未定)。
東京は苦戦しているとのことで、支援要請のリクエストが来ています。
素晴らしい作品なので、よろしければぜひ、FBやツイッターで応援
していただければ幸いです。4年前、ご覧になった方はその感動を、
まだの方は、「ぜひ観たい」という思いでもいいそうです。ぜひネット
で拡散してください。

プロフィール

pwkyoto

Author:pwkyoto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。