スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<パレスチナ> 私たちに何ができるの?

みなさま、

岡です。
あさって9月10日(土)は、アフガニスタンの映画上映会と
講演会を開催しますが、それに続いて、翌17日(土)には、
「<パレスチナ>私たちに何ができるの?」と題して、

パレスチナ関連の映画上映会と講演会を開催します。

以下、詳細です。

=== 転載・転送歓迎 =========================
<パレスチナ> 私たちに何ができるの?
--------------------------------
2011年9月17日(土)1:30~(1:00開場)
会場:京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟 地下講義室
http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
★申し込み不要 / 資料代1000円
---------------------------------------------
1982年9月16日から18日にかけて、レバノンの首都ベイルート
郊外にある隣接する二つのパレスチナ難民キャンプ、サブラーと
シャティーラで虐殺が起こり、住民2000名以上が殺されました。
キャンプに入り、虐殺を報道した広河隆一さんが中心になって、
数年後、この事件で親を殺された子どもたちを支援するために、
「里親運動」が日本で始まりました。その出来事から29年が
たっても、虐殺の歴史はエンドレス・フィルムのように続いて
います。

サブラーとシャティーラの虐殺が起きた9月17日、里親運動の
原点となった出来事を今いちど心に刻み、パレスチナについて、
そして、私たちに何ができるのか、ともに考える場をもちたいと
思います。

第1部では、「夢と恐怖のはざまで」のメイ・マスリ監督が
同作の3年前にシャティーラ・キャンプを舞台に、障害をもつ
10歳の少年を語り手に、レバノンでパレスチナ難民として生きる
ことの困難、そしてパレスチナ人にとってパレスチナとは何かを
描いた秀作、「シャティーラ・キャンプの子どもたち」を上映
します。
第2部では、岡が「パレスチナ問題とは何か」について概説し、
現地調査から戻られたばかりの清末愛砂さんに、西岸の最新の
状況についてご報告いただきます。
第3部では、JCCP(パレスチナの子どもの里親運動)ほか、
関西をベースにパレスチナ関連の活動をおこなっているNGOの
取り組みをご紹介します。身近なところから、私たちにできる
ことをともに考えたいと思います。

■プログラム
Part 1 映画「シャティーラ・キャンプの子どもたち」
 (メイ・マスリ監督、1997年、47分)
Part 2 講演
 講演1 岡真理「パレスチナ問題とレバノンのパレスチナ難民」

 講演2 清末愛砂「西岸 最新事情」
Part 3 「私たちにできること」パレスチナ関連NGOの活動紹介
-------------------------------------------------
■講師紹介
清末愛砂(きよすえ・あいさ)
専門はジェンダー法学、パレスチナ難民女性のオーラル・ヒストリー研究。ISM
(国際連帯運動)のメンバーとして占領下の西岸でパレスチナ人の人権擁護活動に携
わる。著書に『母と子でみる パレスチナ占領に立ち向かう』(草の根出版)ほか。
島根大学教員。里親。

  --------------------
岡 真理(おか・まり)
専門は現代アラブ文学。東京外国語大学でアラビア語を学ぶ。在学中に、パレスチナ
人作家ガッサーン・カナファーニーの作品を通して<パレスチナ>と出会い、以来、
関わり続ける。著書に『アラブ 祈りとしての文学』(みすず書房)ほか。京都大学
教員。里親。
---------------------------------------------------------

主催:PJ21(京都大学大学院 人間環境学研究科 岡真理研究室)
PJ21kyoto@gmail.com

----------------------------------------------------------------------------
-------
以上

アフガニスタン関連講演会のご案内(9月10日)

みなさま、

京都の岡真理です。
9・11、アフガニスタン空爆から10年を迎え、9月から
10月にかけてアフガニスタン関連の講演会を3回シリーズで
開催いたします(会場同じ)。以下、詳細です。

===転載・転送歓迎=========================
シリーズ<9・11、アフガニスタン空爆から10年
 ~アフガニスタンと世界と私たちの今を考える~>

■第1回 2011年9月10日(土)1:30~(1:00開場)
◎映画「ヤカオランの春」(川崎けい子・中津義人監督、2003年、83分)
◎講演 田中浩一郎さん(日本エネルギー研究所理事)
 「アフガニスタン~終わらない苦難の歴史~」
会場:京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟 地下講義室
http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
★申し込み不要 / 資料代700円
--------------------------------------------------------------
アフガニスタンを今いちど、想起するために――
9・11によって、それまで関心の埒外に打ち捨てられていたアフ
ガニスタンは、にわかに世界の耳目の的になりました。しかし、
2003年、イラク戦争が始まると、世界の関心はイラクに注がれ、
アフガニスタンは再び、忘却の深淵に飲み込まれていきました。
10年たっても米軍・NATO軍の駐留は続いています。9・11、
そしてアフガニスタン空爆から10年を迎える今、あらためてア
フガニスタンについて想起し、私たちが果たすべき応答責任ついて、
ともに考えたいと思います。
--------------------------------------------------------------
【講師プロフィール】
田中浩一郎(たなか・こういちろう)
専門は現代イランの政治情勢および現代アフガニスタン情勢。在イラン日本大使館専
門調査員、(財)中東経済研究所主任研究員、外務省国際情報局分析2課専門分析
員、国際連合アフガニスタン特別ミッション政務官、(財)国際開発センター エネ
ルギー・環境室主任研究員を歴任、2008年より(財)日本エネルギー経済研究所理
事、兼 中東研究センター長。論文に「アフガニスタンの今」(保坂修二編『アフガ
ニスタンは今、どうなっているのか』京都イスラーム地域研究センター、2010年)ほ
か多数。
---------------------------------------------------
【映画「ヤカオランの春」】
やがて教師は語り始めた、封印された暗い過去の秘密を、故郷で起こった衝撃の真実
を――
内戦の激戦地ヤカオラン、美しい大地は血で染まり、人々は悲しみに沈んだ。
アリ・アクバル、タジワール夫妻は、生きるために故郷を離れ、難民となった。
そして、自らの人生を子どもたちに語り始めた。
平和を希求する人々へ、あるアフガン家族からのメッセージ…
----------------------------------------------------
主催:PJ21(京都大学大学院 人間環境学研究科 岡真理研究室)
PJ21kyoto@gmail.com
----------------------------------------------------
<今後の予定>
■第2回 2011年10月8日(土)1:30~(1:00開場)

◎映画「カンダハール」(モフセン・マフマルバフ監督、イラン=仏、2001年、87
分)
◎講演 鈴木均さん(アジア経済研究所研究員)
 「アフガニスタンはどこへ行くのか~9・11から10年を迎えて~」
--------------
■第3回 2011年10月29日(土)1:30~(1:00開場)
◎講演 マラライ・ジョヤさん(人権活動家・もと国会議員)
 「祖国に自由と真の民主主義を求めて
  ~占領・軍閥・原理主義との闘い~」
--------------------------------------------------------
PJ21 その他の企画(別途、詳細お知らせします)
■9月17日(土)1:30~(1:00開場)
「<パレスチナ>私たちに何ができるの?」
◎映画「シャティーラ・キャンプの子どもたち」
◎講演1.岡真理「パレスチナ問題とレバノンのパレスチナ難民」
   2.清末愛砂「西岸最新情報」
◎私たちにできること(パレスチナ関連NGOの活動紹介)
会場同じ/資料代1000円
-------------------------------------------------------------------
以上

ガザ朗読劇および「抵抗の文学~世界文学の中のパレスチナ~」

みなさま、
京都の岡真理です。
以下、ご案内申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――

〈転送・転載歓迎〉

***************************************************
ガザ朗読劇&シンポジウムのご案内
5月21日(土)@京都大学
*******************************************
来る5月21日(土)、22日(日)、京都大学を会場に、日本中東学会第27回年次大会
が開催されます。
初日の一般公開イベントとして、〈ガザ〉をテーマにした朗読劇「The Message from
Gaza~ガザ、希望のメッセージ~」を上演、そのあとシンポジウム「抵抗の文学~世
界文学の中のパレスチナ~」を開催いたします。
入場無料、どなたでもご参加になれます。以下詳細です。

■日本中東学会第27回年次大会 一般公開イベント
[日時]2011年5月21日(土)
    13:30‐17:00(13:00開場)

[会場]京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟地下講義室
キャンパスマップ:http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
*東大路通りに面した西門から入って、グラウンドを左手に見ながら直進、右手にあ
る5階建ての建物の地下です。

■プログラム

□第1部 朗読劇
「The Message from Gaza~ガザ、希望のメッセージ~」
上演時間:90分
脚本・演出:岡真理(京都大学)
出演:国境なき朗読者たち(京都大学学生・京滋市民有志)

□第2部 シンポジウム
「抵抗の文学~世界文学の中のパレスチナ~」
パネリスト:
鵜飼 哲(一橋大学、フランス文学)
太田昌国(編集者、民族問題)
岡 真理(京都大学、現代アラブ文学)
細見和之(大阪府立大学、詩人・ドイツ思想)
司会:山本 薫(東京外国語大学)

■企画趣旨
「ナクバ」、すなわちパレスチナ人の民族浄化からこの5月14日で63年。イスラエル
では、パレスチナ系市民がこの日、「ナクバ」を記念することを禁じる法案が先日、
国会で可決されました。
2008年12月から翌年1月にかけてイスラエルによる一方的な破壊と殺戮に見舞われ、
依然、封鎖の続くガザは4月、再び大規模な攻撃に見舞われました。
ナクバは終わっていません。パレスチナの民族浄化は、形を変えて、現在なお進行中
です。

第1部では、「ガザ」をテーマにした朗読劇を上演します。
これは、ガザから外の世界に向けて発信された3つのテクスト(1.2008年‐2009年
のガザ戦争のさなかに、今そこで起きている破壊と殺戮の実態をメールで証言したサ
イード・アブデルワーヘド教授の『ガザ通信』、2.パレスチナ人作家ガッサーン・
カナファーニーの短編小説「ガザからの手紙」(1956年)、3.2003年、ガザでパレ
スチナ人の人権擁護活動中に殺されたアメリカ人女子大生レイチェル・コリーさんの
メール)をコラージュしたものです。
出演は昨年3月の広島公演に続いて「国境なき朗読者たち」。京都大学でアラビア語
を学ぶ学生有志と、京滋市民有志が熱演します。

第2部では、文学・映画・舞台など芸術表現にかかわりながら、現代世界と人間につ
いて深い思想的考察を展開されてきた3氏(ボリビアのウカマウ集団による先住民を
テーマにした映画制作にかかわってこられたラテンアメリカ研究の太田昌国氏、ジャ
ン・ジュネのルポルタージュ「シャティーラの4時間」の翻訳者でもある鵜飼哲氏、
アドルノ研究者であり詩人でもある細見和之氏)をゲストにお迎えし、文学的想像力
を導きの糸としながら「パレスチナ」を「世界」に思想的に接続します。
――――――――――――――――――――――――――――
[主催]日本中東学会
    京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
[問合せ]075-753-9621(中東学会年次大会事務局、長岡)
     090-3948-5261(当日のみ)
――――――――――――――――――――――――――――

以上

明日の緊急学習会「エジプト1月25日革命を歴史 化する」中止します

<転送お願いします>

京都の岡真理です。

明日13日(日)、京都大学で予定されていた「〈エジプト1月25日革命〉を歴史
化する」は、とりやめにいたします。

報告者のお二人が東京在住です。
昨晩の段階では、新幹線は運行するようなので、予定どおり開催という方向でした
が、
その後、諸般の事情を考慮して、とくに現在、福島原発が予断を許さない状況にある
ことなども踏まえ、明日の学習会は中止することにいたしました。
以上、とりいそぎご連絡申し上げます。

学習会の案内の転送にご協力くださいましたみなさま、
恐れ入りますが、このメールも転送いただければ幸いです。

岡 真理

■緊急学習会■ 〈エジプト1月25日革命〉を歴史化する

<転送・転載歓迎>

京都および近県のみなさま、

京都の岡真理です。
チュニジアのジャスミン革命を受け、1月25日、青年グループの呼びかけで
始まったカイロの民衆デモは、またたく間に全国規模の民衆蜂起に発展、
治安部隊との18日間にわたる攻防の末、ムバーラク大統領は退陣、30年
続いた独裁に終止符が打たれました。

「エジプト1月25日革命」と呼ばれるこの出来事はなぜ、起こったのか、
それはいかなる意味で「歴史的事件」なのか、そして、この出来事は、
私たちにとって何を意味するのか、エジプトおよび中東の近現代史を専門と
される長澤栄治さん(東京大学)と栗田禎子さん(千葉大学)を京都大学に
お招きし、緊急学習会を開催いたします。
関心のある方は、この機会に、ぜひご参加ください。
(*どなたでもご参加になれます。)

以下詳細です。
========================
■緊急学習会■ 〈エジプト1月25日革命〉を歴史化する
----------------------------------------------
日時:3月13日(日)午後2:00~(1:30開場)
会場:京都大学 吉田南キャンパス
    人間・環境学研究科棟 地下講義室
地図:http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/

(キャンパスおよび会場建物の位置を地図でご確認の上、ご来場ください。)

*事前申し込み不要
*参加費 無料

〈プログラム〉
第1部 2:00~4:15
報告(1) 長澤栄治「1月25日革命の行方」
報告(2) 栗田禎子「エジプト〈民主革命〉の意味するもの」
<休憩>
第2部 4:30~5:45
ディスカッション&質疑応答
6:00 終了予定
-------------------------------------------------
〈報告者プロフィール〉
■長澤栄治(ながさわ・えいじ) 
東京大学東洋文化研究所教授。専門は近代エジプト社会経済史。
著書に『Modern Egypt through Japanese Eyes』(カイロ、メリット社、2009年)、
『西アジア史1アラブ』(共著、山川出版社、2002年)、『東アラブ社会変容の構
図』
・『中東 政治・社会』(いずれも編著、1990,91年アジア経済研究所)、
論文「少年が見たエジプト1919年革命」(『植民地体験』人文書院、1999年)ほか。
----------------------------
■栗田禎子(くりた・よしこ)

千葉大学文学部教授。専門は中東・北アフリカ近現代史(とくに
19世紀以降のエジプト・スーダン史)。
著書に『アリー・アブドッラティーフと1924年革命ースーダン革命の
源泉の研究』(アラビア語、スーダン研究センター(カイロ)、1997年)、
『近代スーダンにおける体制変動と民族形成』(大月書店、2001年)など。
○―――――――――――――――――――――――――――○

主催:京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
共催:インパクト出版会

問合せ先:PJ21kyoto@gmail.com

○―――――――――――――――――――――――――――○

以上
プロフィール

pwkyoto

Author:pwkyoto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。